FC2ブログ
ファミ探
ミステリーというカテゴリで、絶対オススメのゲームがあります。
それは初代ファミコンのディスクシステムで発売されていた「ファミコン探偵倶楽部シリーズ」です。今はGBA版があるようです。



発売当時はディスクシステムの前編・後編の2作に分かれていました。ゲームタイトルはかわいらしいですが、はっきり言って想像もできないほどの「恐怖」が味わえます。暗い部屋でやったりしたら絶対後悔します。実際私は1作目「消えた後継者」を夜一人で電気をつけずにやっていて、思いっきり後悔しました・・・(当時中学X年でしたがマジでビビりました)。殺人発生時の「デデデデデーン」から始まる音楽は、当時の貧弱な音源を逆手に取ったノイジーな感じが絶妙で、恐怖効果音として秀逸です。

2作目のストーリーは後に金田一でそのまんまパクられていたのは有名な話です。得られる衝撃は、ゲーム版に遥か及ぶべくもありませんでしたが。

とにかくミステリー好きであれば、この2作のためにGBAを購入しても惜しくはありません。コマンド総当り式のゲームシステムは確かに冗長な部分もあります。あくまでファミコン時代のゲームですので、画面はアニメーションはないし1枚のドット絵、当然音声もない、操作感に難あり・・・、それでもこれだけの恐怖感、エンディングを迎えたときの達成感と程よい刹那さ・・・、良質のミステリー体験ができるはずです。

未体験の方は是非!時系列的には2作目「後ろに立つ少女」のほうが1作目「消えた後継者」よりも前の話なのですが、ここはやはり1作目から始めることをオススメします(お遊び的要素を楽しむためにも)。

(おまけ)
一時期「橘あゆみ」なる女性名を使用した恐怖チェーンメールがありましたが、本作のヒロイン名から取られたらしいというのは有名な噂話です。
スポンサーサイト



【2006/09/14 22:51】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |